このページの先頭へ

伊豆シュノーケル体験コースはレンタル器材代が全て含まれます

シュノーケリング体験コースで使用する道具について

シュノーケルの道具

伊豆でシュノーケリング体験コースの料金には、全ての器材レンタル代が含まれております。
したがって水着さえあればお気軽に参加できます。
右画像の器材(マスク・シュノーケル・フィン・ブーツ・ウェットスーツ)が全てレンタル品です。
通常、ウェットスーツでも充分浮力がありますが不安感のある方には右男児が着ている黄色いシュノーケリングベスト(浮力体)も無料でお貸しできますのでご安心ください(大人用もございます)
各器材の詳細は下記をご確認ください。

マスク(水中メガネ)

マスク

水中メガネの事をマスクと言います。マスクを装着することによって目と海水の間に空間ができはっきりと水中世界を見ることができます。
水泳などで使用するゴーグルと違い、目の部分だけでなく鼻まで覆うようになっているので、鼻から水が入ってくる心配もありません。
視力の悪い方で普段コンタクトレンズをされている方は、使い捨てコンタクトの使用が可能です。普段コンタクトレンズをされない方のために、度付きのレンズが入ったマスクもご用意しておりますが、必ずしも度がピッタリ合うものでないことをご了承くださいませ。
シュノーケリング体験コースでは正しいマスクの装着方法や水が入ってきてしまったときの抜き方(マスククリア)等を練習します。

シュノーケル

シュノーケル

水面で呼吸をための管の事をシュノーケルといいます。マスクのストラップにとりつけ
マウスピースの部分を口にくわえ(パイプの先端は海面に出し)て使用します
シュノーケルを使用することによっていつでも呼吸ができるので、水泳の息継ぎが苦手な方でも無理なく水面散歩ができます。
シュノーケリング教室では管に水が入った時の水の抜き方(シュノーケルクリア)等を練習いたします。
小さなお子様で「マスクやシュノーケルをくわえて呼吸するのが少し恐い」方は海をきらいになってしまわない様に、専用浮き輪に乗って「のぞきメガネ」で水中世界を楽しむ事もできますのでご安心ください。

フィン(足ヒレ)

フィン

足ヒレの事をフィンといいます。
素足のままではバタ足で進もうと思ってもすぐに疲れてしまうし、一生懸命バタバタしてもあまり進めません。フィンを使えばちょっと動かすだけでスイスイ進む事ができます。
シュノーケリング体験コースではフィンの履きかたや、効率の良いフィンの使い方等を練習いたします。

ブーツ

ブーツ

素足で履くフィンもありますがシュノーケリング体験コースのゲレンデは、岩場で滑る場所があったり、ウニ等の生物がいて足で踏んだりして怪我をする恐れがありますのでブーツを履いてシュノーケリングを行います。

ウェットスーツ

ウェットスーツ

ウェットスーツは体を覆うスーツの事です。
海に入って体温が奪われてしまうのを防ぐ役割だけでなく、ネオプレーンというゴムで作られているので浮力があり「浮き具」の役目も果たします。
またすり傷、切り傷等の怪我の防止にも役立ちます。
シュノーケリング体験コースでは基本的に、生地の厚さが2mm〜5mmで体全部を覆う1ピ−スウェットスーツをご用意しております。
サイズはお子様用の身長約95cm〜大人の方用の約185cmまで各種サイズをご用意しておりますが、必ずしもピッタリ合わない場合もございます事、あらかじめご了承くださいませ。

シュノーケリングベスト

シュノーケリングベスト

通常ウェットスーツのみでも浮力がありますが、それでも不安な方や小さなお子様は安心して楽しめますよう、シュノーケリングベスト(浮力体)も準備しております。

 

 

 

ネットで問い合せ

 

ネットで予約

お電話で問い合せ


トップページ シュノーケル体験詳細 よくあるご質問 お問い合わせ お申込み